効果的かつ革新的なカジノマーケティング手法とは?

カジノを広告する、いわゆる「カジノマーケティング」は、デジタルメディアの発展に伴い、大きな変化を遂げてきた激戦業界のひとつです。そんな競争の激しい業界においては、一体どうすれば傑出した存在になれるのでしょうか?マーケティング担当者やカジノ経営者など、この業界のスペシャリストは、この競争の激しい業界において一歩先を行くために、強力な戦略とアイデアを探ろうと躍起になっています。そこで今日は、カジノマーケティング手法やそのコンセプトについて見ていこうと思います。

そもそも、カジノマーケティングは、オンリーワンのビジネスといえます。どんな業界でもそうですが、ゲーム業界にもさまざまなタイプの消費者がいて、それぞれが異なる目的・ニーズ・願望を持っています。それぞれのゲーム消費者に適したコンテンツを提供し、コンバージョンファネルを構築するには、まずはペルソナ(顧客像)を設定し、セグメンテーションおよびターゲッティングを行わなければいけません。

カジノという場所は、消費者であるプレイヤーに対して、娯楽、社交の場、賞金獲得のチャンスを提供します。確率的に考えると、カジノが有利であるにもかかわらず、プレイヤーがゲームに参加しない限りは、カジノは儲けを得ることができません。それゆえ、潜在顧客のカジノ認知度を高めると同時に、常連顧客にリピーターとなってもらう理由を提供できてはじめて、”優れたカジノマーケティング”と評することができるでしょう。やむを得ない理由がない限り、ゲームマシンにお金を投入し続けてくれる…なんていう都合のいいプレイヤーはいません。では次に、上手なカジノマーケティング手法の例をいくつか見てみましょう。

会員限定割引

航空会社やホテル、ショップなどの会員として登録すると、無料航空券や宿泊割引、特別割引を受けることができますよね?それと同じように、カジノでも顧客のプレイ回数に応じて特別なサービスを提供したり、食事無料券を配布したり、ゲームチップを無料にしたりすることがあります。一部のカジノにはホテルが併設されているところもありますが、その場合には、当該カジノ会員はそのホテルの宿泊割引あるいは無料宿泊券をもらえることもあります。

新規プレイヤーの無料特典

大半のカジノでは、新規プレイヤーに対して、クーポンコードが記載されたカードが配布され、そのコードを入力すると、20ドル相当のゲームを無料で遊べます。その20ドルがなくなってしまった後でも、クレジットカードや現金を使用して、追加の金額をデポジットすることも可能です。ちなみに、20ドルで遊べるプレイ時間は、プレイするゲームによって変動し、数時間も遊べるゲームもあれば、20分以内に使い切ってしまうゲームもあります。

また、初回来店時に、無料プレイと追加プレイの割引を提供するというマーケティング手法もあります。新規プレイヤーがカジノに入店する際には、身分証明書(ID)の提示を求めなければなりませんが、配布されるカードには本人のID番号が記載されるので、ある一個人によって無料プレイが悪用される可能性を防ぐことができます。これは現在、最も効果が期待できるカジノマーケティング手法の一つとなっています。

高額賞金

実は、賞金額が大きければ大きいほど、カジノを訪れる客はより長居し、ゲーム楽しんでくれる傾向にあります。巨額な優勝賞金が設定されていると、ゲームをプレイする際に味わう興奮度を高めてくれます。さまざまな賞金額がランダムに表示されるように、スロットマシンを調整するのもいいでしょう。プレイヤーは、100万ドルという高額賞金を狙って、プレイし続けてくれるかもしれません。プレイシーンをただ見ている客は皆、お金の奪い合いを鑑賞し、その時間を楽しみます。スロットマシンじゃなくても、他の面白いゲームを用意してもいいかもしれません。

例えば、無作為に選ばれた客が、1ドル、5ドル、20ドル、100ドル札の束がいっぱいに詰まった透明プラスチックの巨大な箱の中に入ります。その中にある扇風機のスイッチが入ると、箱の中で札が飛び交い、その客は制限時間内に好きなだけ札をキャッチできるというゲームはいかがでしょうか?イベントとしては大変盛り上がりそうですよね(笑)!